カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L39-NEX マウントアダプター:nikkor
2012年12月08日 (土) | 編集 |
 ライカLマウントのレンズをソニーのミラーレス一眼に付けるためのアダプターです。近代インターナショナル製です。中野のフジヤカメラで見付けました。
アダプター

 値段と敷居が高いので、これまで、ライカには、全く縁がなく、ライカLマウントのレンズは、ソビエト製のインダスターを1本所有しているだけでした。
 このレンズは、39→42リングをレンズに付け、M42-EOSマウントアダプターを介してEOSに装着、撮影していました。この場合、無限遠が出ないので、マクロ撮影専用になります。何年か前に、ツユクサを撮影しました。残念ながら、マクロ撮影しかできないので、その後、インダスターの出番は、巡ってきませんでした。

 アダプターを実際に試してみたいと思います。このレンズを一眼に装着すると、無限遠が出ないという経験がありましたので多少不安はありましたが、画面を見ながらピントを合わせると・・・ピントが合うではありませんか。
レンズ装着

 試写は、ディズニーシーで行いました。
 ピントリングは、無限遠をこえるまで回ります。いわゆるオーバーインフの状態です。これくらい余裕があれば、色々なレンズにも適応しそうです。
試写2

試写1

試写3

 このレンズ、前に紹介したメリターより、扱いやすく、写りも良いようです。ソビエトレンズ恐るべし。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ロシアレンズ、いいですよねぇ
いかんなぁ・・Fedとか、また欲しくなるじゃないですかww
2012/12/09(日) 15:30:58 | URL | めー猫 #grGQ8zlQ[ 編集]
Re: タイトルなし
ロシアレンズは、思った以上に良く写りますね。
今度は、キエフのレンズが使えるアダプターがないものかと思っています。
2012/12/09(日) 16:51:48 | URL | nikkor #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。