カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジカシックス その1:nikkor
2012年09月29日 (土) | 編集 |
例によって、Kムラでジャンクという表示のスプリングカメラを発見しました。ファインダー付近の形状が流線型で、フジカシックスということが、すぐに分かりました。レンズは、きれいな方だと思います。確か、写りも良かったはず。当分、楽しめそうです。
背景入り①

 それでは、情報収集から。
 フジカシックスⅡCです。
・ 1952年発売。当時、トップカバーが流線型で話題になりました。ファインダーは、目測式。
・ レンズは、フジナー75mmF3.5(3群4枚)。ピント合わせは、直進ヘリコイド。
・ シャッターは、セイコーシャラピッド B、1~1/500秒、右手シャッター。
・ 6×6判とセミ判(6×4.5判)の切り替え可能。
・ フィルム巻き上げは、赤窓式。

 60年も前のカメラだったのですね。流線型のデザインは、鉄腕アトムの単行本(古いね)に、よく登場していました。なかなか良いです。
 1955年に登場した後継機であるスーパーフジカシックスは、6×6判専用になり、セミ判は廃止されました。セミ判が撮影できる本機は、ある意味で貴重な存在です。

(つづく)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。