FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baldax (D.R.G.M.)その10:nikkor
2012年09月16日 (日) | 編集 |
 観察・情報収集だけで、これだけ楽しませてもらいました。既に、元は取ったようなものです。しかし、カメラですから、写真を写させてやりたいと思います。クリーニング作業を行います。
○レンズのクリーニング
 まず、レンズの分解作業に取り掛かりたいと思います。
 レンズを観察すると、レンズの側面にマイナスの小ネジがありました。おそらくこれを外せばレンズが露出するはずです。後で、ピントが分からなくなるといけませんから、分解前にピントを無限遠に合わせておきます。
 よく見ると、ネジの状態が既に誰かが手をかけたように感じます。良くない結果が想像されます。
分解前

 ネジは、三本とも簡単に外れました。距離環も外れました。
ネジ

 レンズ前群(第1群)が露出しました。何人かの人が以前に分解したらしく、レンズ前群とボディーに印が付けられています。しかも、いくつも・・・。どの傷が正しい無限遠なのか、よく分かりません。印は、一つにしてもらいたい・・・・。
マーキング

 レンズ前群をひねって外しました。誰かがグリスアップしたらしく、少々多めのグリスがはみ出しています。余計なグリスを拭き取って、レンズをクリーニングします。前に分解した人もこの辺りまでだったらしく、中の方の汚れが、残りました。溶剤に漬けて、前群を分解することも考えられますが、なにぶん古いレンズですので、今回は、ここまでとしておきましょう。ボディー側に残ったレンズもクリーニングしましたが、成果はそれほどでも・・・というところです。
 組み上げは、何人かの人が付けたのだろう印を見ながら、おそらくこの辺りと思うところで、ネジをしめました。とりあえず、フィルムを通してみるつもりですが、後日、ピント調整が必要になりそうです。
レンズ前群

 よく見ると、蛇腹にも補修した跡がありました。何人もの人が、修理に取り組んだようですね。
蛇腹補修跡

 次は、ピントの調整、そして、試写となります。少々時間がかかりそうですので、そのうちにということで・・・。(11月頃までお待ちください・・・)




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。