FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー・タクマー 105mmF2.8(2):nikkor
2012年07月23日 (月) | 編集 |
 分解に取り掛かります。
① メーカー銘板の除去
 タクマーレンズの分解は、正面からスタートします。
 メーカー銘板にゴム製のオープナーを当てて、反時計回りに回します。オープナーの代わりに、ホームセンターで売っている椅子等の滑り止めも利用できるようです。
オープナー
 メーカー銘板が外れました。

② レンズの前群の取り外し
 レンズの前群が現れました。このブロックの下に小さなネジが6本あり、そのうち3本を緩めれば前群ブロックが外れるはずです。
 また、前群ブロックには、切り欠きがあり、ここに罫書きコンパスを当てて回すのも分解方法の一つです。今回は、罫書きコンパスを使うことにしました。
罫書きコンパス

 うまく外れました。
前群外れる

③ クリーニング
 運が良ければ、ここまでの分解で、レンズの汚れに到達することができます。今回は、運が良かったようで、小カビや汚れが、レンズブロックの外側に付着していました。レンズクリーナーでクリーニングです。
 レンズの後群も、絞りを開放にして、両側からクリーニングを行います。
クリーニング 前
クリーニング 後ろ

④ 組み立て
 あとは、反対の手順で組み立てます。簡単な作業でクリーニングが終了しました。
完成

(つづく)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。