FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MD ROKKOR 50mmF1.4の分解と清掃(2):nikkor
2012年05月24日 (木) | 編集 |
 それでは、分解を始めましょう。
 まず、フィルターを外します。
 ねじってみましたが、固着しているようで外れません。フィルター枠にダメージが無いことから、ぶつけたことによる変形はないと思われます。レンズクリーニング液をフィルターとレンズの接合部分につけて、様子を見ます。
本当に効果があるかどうか定かではありませんが、固着したネジやフィルターは、クリーニング液をつけてそのまま置けば、うまく外れるように思います。ネジが回らないと、つい力を入れがちになるところですが、こんな作業をして一呼吸置くのも良いと思います。

 フィルターが外れました。レンズの表面にうっすらとカビが発生していますが、他の汚れは無いようです。以前に誰かが分解した形跡もありません。レンズの中程に、カビの発生が見られます。
カビ

 いよいよ本格的にレンズ本体にアタックです。
 定石通り、銘板を外します。初めは、ゴム製のオープナーで試みましたがうまく行きませんでした。銘板に切り欠きがあるので、金属製のオープナーで再挑戦。うまくはずれました。
オープナー

 銘板を外すと、ネジが6本現れました。3本はフィルター枠の固定、もう3本はレンズを固定しているネジです。フィルター枠から外していきましょう。
ネジ6本

フィルター枠が外れた

 プラスドライバーで、どんどん外していきます。ネジが回りにくいときには、レンズクリーナーをつけて、一休みです。力の入れすぎは、ねじ山をなめてしまうことにつながります。くれぐれもご用心。
 レンズ前群が外れました。やはり、前群の後ろ側にカビが発生していました。
前群が外れた

 絞り羽根は、油しみがなく、きれいです。レンズ後群には、カビが発生していません。前群をクリーニングして、後は、反対の手順で組み立てれば終了です。
斜め上から

 MD ROKKOR 50mmF1.4
 5群7枚。最短撮影距離0.45m。アタッチメントφ55mmねじ込み。アタッチメントφ49mmが後に生産されました。
 後年、ミノルタのレンズは、ROKKOR銘を冠しないものが生産されるようになりましたが、「鷹の目ロッコール」「緑(コーティングの色から)のロッコール」と呼ばれ、良く写ると言われたロッコールレンズの名が、無くなってしまったのは残念です。
 オールドレンズファンとしては、ミノルタROKKOR、そして、コニカHEXANONのDNAが、技術や人材を吸収した現在のソニーに伝わっていてほしいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。