カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるばるきたぜ大沼公園~♪(3):nikkor
2012年05月15日 (火) | 編集 |
 歩き回ったり、ボートに乗ったり、蕎麦を食べたり、団子屋に寄ったりしているうちに帰りの時刻になりました。
 観光案内所でもらったSL函館大沼号のパンフレットによると、上り列車は、大沼公園駅にディーゼル車が引いてくるようです。SLは、後ろ向きに走ってくるのですね。今度こそ望遠ズームでSLの雄姿をと思っていましたので、少々がっかりです。

パンフレット

車両編成1 小

 まあ、動くものを望遠ズームで撮影してみることを目標にして、被写体をディーゼル機関車にしましょう。

改札口

 駅のホームに入ると、多くの人がカメラを構えていました。不思議なことに、朝、SLが来た函館側にカメラを向けています。なぜ?と思っているうちに、「列車が入ります。黄色い線まで下がってお待ちください。」のアナウンスがありました。間もなく、函館側からディーゼル機関車が見えました。私は、鉄ちゃんではありませんが、このときばかりは、連射モードで撮影です。
 やはり、SLは後ろ向きに入ってきました。

DL 1

DL 2

 朝見たSLは、函館から大沼公園駅を通って、森駅方面に向かいました。1本しかない車両ですから、森駅方面から大沼公園駅に来るはずが、なぜ反対側の函館方面から列車が入ってきたのでしょうか?
 パンフレットを見ていると、こんな地図が載っていました。

路線図 小

 SLは森駅で引き返したのではなく、ぐるりと回って、大沼公園駅の先まで行き、バックするような形で大沼公園駅に入ってきたのではないでしょうか。


 SLは、入ってきたのと逆走する形で、函館に向かって進み始めました。沿線には、にわか鉄ちゃんを含めて、カメラの列があちこちに見えます。列車に乗っていたのでは、SLの姿を撮影することが出来ません。返す返すも、傾いたSLの写真は、残念の極みです。
 乗った車両は、カフェカーで、4人掛けのボックス席でした。車両には、ストーブがあったり、売店があったり、ちびっ子の車掌が4人も通ったり、レトロなドレスを着たお姉さんが車内放送をしたりと、楽しい時間を過ごしました。

カフェカー内部

 列車に向かって、手を振る人を何人も見かけました。石炭のにおいが、妙に懐かしく感じられました。
乗車証明





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。