カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルニッコールと行く(3):nikkor
2012年05月07日 (月) | 編集 |
○Ai NIKKOR 35mm f/2Sと行く岩手県平泉(毛越寺)

 毛越寺は、平泉藤原氏二代目の藤原基衡が造営を始め、三代目の藤原秀衡(鞍馬寺を飛び出した源義経を庇護・養育した人物)に至って完成した寺院群です。毛越寺の金堂は円隆寺、その脇に、嘉祥寺を配して、その他多くの寺院の中心にしたということです。円隆寺、嘉祥寺ともビックサイズの寝殿造りで、宇治の平等院が二つ並んでいることを想像すれば良いようです。残念ながら、これらは、戦乱や火災で焼失してしまましたが、寝殿造りの柱を支えた大きな礎石や船遊びをした池は残っており、当時の様子が想像されます。
【毛越寺 大泉ヶ池】
大泉ケ池 2

大泉家池 1



 毛越寺の隣には、藤原秀衡の妻が造営した観自在王院跡があります。こちらも、寝殿造りであった建物は既に失われていますが、池が残っており、当時を様子をしのばせます。
 ちょうど、桜の開花時期でした。
【観自在王院跡】
観自在王院

桜

 今回は、残念ながら行けませんでしたが、平泉には、平等院の1.5倍のスケールで設計された無量光院があります。これも、藤原秀衡の造営です。平泉藤原氏は、驚くべき財力をもっていたようです。

 広い場所では、やはり広角レンズがほしくなります。このレンズ、フイルムカメラでは、35mmですが、D40に装着すると、52.5mmになります。もう少し、広く写れば・・・・。 


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
連休をご堪能されたようで何よりです。
去年の5月東松島へ行ったので松島海岸の記事は身近に感じられました。
平泉はいつ行っても人が多いですね。
過去一度寄ったことはあるんですが
人が多くてすぐ逃げていきましたww
2012/05/08(火) 07:49:11 | URL | めー猫 #grGQ8zlQ[ 編集]
Re: タイトルなし
天気の関係か、松島は観光客が少なく感じました。
平泉は、人が多かったですね。
ちょうど桜の時期と重なったからかも知れません。
いつ行けるか分かりませんが、次はゆっくり見たいと思っています。
2012/05/08(火) 20:42:41 | URL | nikkor,saniko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。