カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONOLL ZOOでサボテン:nikkor
2012年02月11日 (土) | 編集 |
 HONOLL ZOOで、サボテンを見付けました。
 サボテンは、乾燥地帯に生える植物です。ハワイは、熱帯に属します。乾燥地帯と比べれば、雨が多過ぎること、寒暖の差が少ないこと等、人間にとって良い環境も、サボテンにとっては、決して快適といえないようです。
金鯱
 和名が、金鯱というサボテンです。金色に輝く長い刺が魅力の品種です。原産地では、乱獲や開発によって、自生している株がほとんど無くなってしまったようです。しかし、栽培が容易なことから、世界中で栽培・繁殖されています。日本では、ホームセンターや百均でも売られています。ホノルルでは、雨が多いためか、肝心の刺がくすんでしまい、少々水太り気味です。花が咲いていました。
金鯱 花

 他にも、ノトカクタス属の金冠丸やマミラリア属のサボテンを見付けましたが、彼らには、あまり快適な環境ではないようです。
金晃丸
(金冠丸)

マミラリア 花
(マミラリアの一種)

 しかし、オプンチア(ウチワサボテン)だけは、環境に合っているらしく、元気そのものでした。
うちわ
 花も咲いていました。
うちわ 花

 サボテンは、椰子の木が生えている所より、乾燥した所の方が住み良いようです。
椰子の木

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。