FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
REVUE 1.3.5 28mm その4:nikkor
2012年03月27日 (火) | 編集 |
試写を行いました。

試写 F3.5
【F3.5】

試写 F8
【F8位】

 「寄れる」ことが強みです。そのうち、景色も撮ってみましょう。


スポンサーサイト
REVUE 1.3.5 28mm その3:nikkor
2012年03月17日 (土) | 編集 |
 レンズ後群には、問題がありませんので、前群の分解を続けます。

ネジ溝 矢印
 観察をすると、この部分にネジ状の溝があります。

もしやこれも捻ったら・・・と思ったらこの通り。レンズが1枚取り出せました。更に、軽く前群の後ろに衝撃を与えると、もう1枚レンズが外れました。(記録するのを忘れて画像がありません。)
 曇っていたのは、これらのレンズでしたので、クリーニングをして分解と逆の手順で組み立て。考えてみれば、小さなレンズをつまむのにピンセットを使いましたが、あとは素手で分解が出来ました。
 プラスチック製であること、簡単に分解ができること、・・・。安っぽいの一言です。
DSCN2447 小

 「見たこともない風貌」と「W.GERMANYの刻印」だけで、安っぽいことは、許してあげましょう。(笑)
DSCN2435 小



REVUE 1.3.5 28mm その2:nikkor
2012年03月15日 (木) | 編集 |
 それでは、分解に取りかかりましょう。
 さて、アタックは、前からでしょうか、後ろからでしょうか。じっくり観察することが大事です。
 レンズ前方の銘板の下に何か隠れている事もあるので、この辺を重点的に観察です。「力任せ」は、くれぐれも厳禁と思いつつ、この部分を捻ったら・・・。
矢印
おや、簡単に、レンズの前群が外れました。

DSCN2438 小
 このレンズの胴体は、プラスチックです。軽い訳です。後群にある「レンズの絞り」もプラスチック製です。うまく出来ているというか、安っぽいというか・・・。少々がっかりです。

(つづく)

REVUE 1.3.5 28mm その1:nikkor
2012年03月11日 (日) | 編集 |
 新宿中古カメラ市場で捕獲した1本です。
DSCN2454 小

MADE IN W.GERMANYと刻印があります。
DSCN2452 小

 まずは、観察から。
 ボディーは、アルミ製でしょうか、プラスチック製でしょうか?それにしても、ずいぶん軽いレンズです。
 レンズの中玉にクモリがあります。分解して清掃する必要があります。

(つづく)