FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
NEX-FDマウントアダプター(1):nikkor
2011年01月28日 (金) | 編集 |
 マイクロフォーサーズ、ソニーαNEX等のフランジバックが短いミラーレス一眼が世に出てから、魅力的なマウントアダプターが続々と発売されるようになりました。
 ミラーレス一眼以前には、マウントアダプターにレンズを1枚取り付けて長いフランジバックを短く調整していました。その結果、焦点距離は元のレンズより伸び、更に、撮像素子がフルサイズより小さくなったことによって、50mmのレンズが100mm以上になったりして、扱いにくいものになっていました。
 その点ミラーレス一眼は、フランジバックが短いことから、マウントアダプターにレンズを付ける必要がなく、従ってレンズの焦点距離が変わりません。特に、ソニーαNEXは、撮像素子がAPS-Cと大きめであることから、35mm換算で焦点距離が約1.5倍になるだけで、元のレンズの焦点距離に近い状態で遊ぶことができます。
 ミラーレスの登場を受けて、「銘玉の誉れ高きコニカARレンズ」、「カラー時代の覇者キヤノンFDレンズ」、「鷹の目ロッコールことミノルタMDレンズ」のマウントアダプターを期待しておりました。

 いよいよそれが現実となり、コニカARレンズ用のマウントアダプターについては、先月導入を紹介しました。

 第2弾として、キヤノンFDレンズ用のマウントアダプターを紹介したいと思います。
IMG_8099小

(つづく)

スポンサーサイト



KONICA HEXANON AR 200mm F3.5:nikkor
2011年01月22日 (土) | 編集 |
 中野のFカメラのジャンク館で発見しました。久々に大物を捕獲しました。(笑)さっそく、Fカメラの隣にある茶店に入って、確認作業です。この席からは、Fカメラが見えますね。
茶店で1

 レンズの外観は、スレがありそれなりですが、光学系は、きれいです。絞りの動作も問題ありません。
 それにしても、この大きさ、重量、そして、αNEX-5にセットしたときのバランスの悪さは、もう、笑うしかありません。
茶店で2

 35mm換算で、300mmF3.5です。完全に手持ち撮影の限界を超えていますね。純正レンズ以外では、手ぶれ補正が効かなくなるので、何か方法を考えなければなりません。
 まあ、手がかかる子ほどかわいい・・・かな?
 
 話が変わりますが、この茶店。その昔、きれいな炎が出るマッチを配っていたような気がするのですが・・・。確か、新宿東口にあったような・・・記憶違いかな?

Micro-NIKKOR 55mm 1:2.8と行く・・・:nikkor
2011年01月14日 (金) | 編集 |
 日頃、あまり出番がなく、不憫に思っていたマイクロニッコール55mmF2.8です。
 接写レンズとしては、驚異的とされるその描写力ですが、お出かけのお供に、接写レンズでもないだろうということで、出番がなかなか回ってきません。
 しかし、標準レンズの画角、F2.8の明るさ、接写ばかりでなく通常の撮影も問題なくこなす実力等、積極的に使わない手はありません。
 そこで、今回連れ出してみたのですが、撮影が夜になってしまいました。絞りは開放、ISO1600で・・・少々無茶な条件ですね・・・気の毒です。(笑)。

 さて問題です。ここは、どこでしょうか?
夜景1

夜景2

夜景3

夜景4

 答えは、ディズニーシーです。

 万能(笑)レンズという言葉には間違いありません。他の標準レンズと遜色なしです。
 撮影は、D40で行いました。このカメラも、NIKKORレンズが何でも付くので、これまた万能です。


AUTO SEARS 135mm f:2.8(2):nikkor
2011年01月09日 (日) | 編集 |
 まずは、ピントリングに注目です。アルミ製であること、指掛かりが良いように刻まれた線、その質感等、タクマーレンズにそっくりです。タクマーレンズと言われれば、そのまま信じてしまいそうです。
小1

 次に、絞りAUTO-MANUAL切り替え部分を見てみましょう。タクマーは、切り替えがスライド式です。
IMG_8076小

 シアーズの方は、こうなっています。
 タクマーとは、構造的に、ずいぶん違っています。
IMG_8075小

 絞り羽根は、シアーズが8枚、タクマーが6枚です。シアーズの点光源のボケ具合はどうでしょうか。

 最短撮影距離は、1.5m弱です。もう少し寄れれば有難いのですが、この時代では、こんなものでしょうか。
 さて、このレンズは、果たして、どのメーカーがOEM生産したのでしょうか。案外、私たちがよく知っているメーカーかも知れません。知っている人は、いないでしょうかね。

 いよいよ、試写です。
 暗くなってからの出動です。ペンタックスのデジタル一眼は、マニュアルレンズを装着しても、レンズの焦点距離をカメラに覚えさせれば、手ぶれ補正が効きます。35mm換算で約200mmですから、200mmF2.8のレンズを暗くなってから手持ちで使用することになります。少々心配でしたが、こんな写真が撮れました。
イルミネーション1

イルミネーション2
【K200D AUTO SEARS 135mm f2.8 絞りF4 ISO800】

 点光源のボケ具合は、こんな感じです。ピントが合っているところのシャープさもあって、良い印象です。



今年もよろしく:nikkor saniko
2011年01月03日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます

昨年、訪問してくださった皆さん、ありがとうございました。

年末に、nikkorが、秋田県大館市に行く機会がありました。
大館駅前には、ハチ公が。
出身地だったのですね。凛々しい感じがします。
このときは、雪も少なかったのですが、年末年始の寒波で、現在は、積雪も多いのではないでしょうか。

お飾りをつけてもらって、めでたいハチ公です。
IMGP2806小
【K200D AUTO SEARS 135mm F2.8】

今年もよろしくお願いいたします。