FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
ヘリオス44-2 58mmF2:nikkor
2009年03月08日 (日) | 編集 |
 忙しい日々が続いていまして、その上、インフルエンザにも罹ってしまったこともあり、更新がなかなかできない状況でありました。
 ということで、寒い時期に撮った写真です。
一本桜 2009 2月小
【ヘリオス44-2 58mmF2 絞り16】

 使用したのは、ヘリオス44-2 58mmF2です。これはロシア製のレンズで、ゼニットEに着いていたものです。以前EOSで着けて試しておりましたが、どうせM42マウントなら、ペンタックスで使ってみようということになった次第です。
P3080001小

 「Made in USSR」というところが、気に入っています。レンズの番号から、1973年製のようです。絞り羽根も8枚あり、大したものです。
P3080007小

 しかし、レンズが必要以上にコンパクトで、どうもカメラとのバランスがよくありません。カメラに装着すると、がたつきがあり、これで写真が撮れるのだろうかと思ってしまいます。
ところが、写真は、しっかり撮れるのです。このことを「偉いものです」と評価すべきでしょうか、また、そんな怪しげなレンズを着けても、しっかり写真が撮れる日本製のカメラが「偉いもの」なのでしょうか。
小岩井 20092月小
【ヘリオス44-2 58mmF2 絞り16】

 インフルエンザで、ひどい目にあったにもかかわらず、寒い2月に、またしても小岩井農場まで行ってしまいました。
 桜のシーズンになったら、6×7を持ち出すためのロケハンです。



スポンサーサイト