FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
押絵雛 :saniko
2007年02月28日 (水) | 編集 |
押絵雛って知っていますか?
お雛様としては、ひじょうに古い形の物らしいのです。
私はまだ見たことがなかったので、さっそく見に行くことにしました。

それは「安藤醸造元」という所にありました。
「安藤醸造元」というのは、角館(秋田県)にある、創業1853年の味噌醸造元です。
明治24年に建てられたこの煉瓦造りの建物の中は、蔵座敷になっています。

20070228115307.jpg

それではさっそく中に入ってみましょう。
蔵の立派な扉が現れました。

20070228120253.jpg

いよいよ蔵座敷の中に入っていくと、

20070228120501.jpg

ありました。
これが押絵雛?
なんだかお雛様というより、いろいろなジャンルのキャラクターが一堂に会したような、とても賑やかな光景でした。

20070228120935.jpg

おめでたそうなキャラが右往左往している様を見ていると、不思議な世界に迷いこんでしまいそうになります。
20070228121427.jpg

もちろん普通のひな人形もありました。

20070228121801.jpg

しかしそこにも、この方達が・・・。
鶏に乗った人や、蝶の妖精のような人たち(?)を見ていると、不思議な物語の世界を見ている気になります。

20070228122354.jpg

部屋の一隅には、桃太郎や金太郎のコーナーもありました。

20070228122639.jpg

こちらはたぶん、男の子用の押絵コーナーと思われます。
子供の日に飾るものなのかもしれません。
と、かってに解釈しながら部屋を出ると、こんな物が窓辺にたくさん下がっていました。
なんか餅のようにみえますが、どうでしょう?
20070228123456.jpg

最後まで謎だらけの押し絵日和でした。

スポンサーサイト



ステンドグラスのある窓 :saniko
2007年02月22日 (木) | 編集 |
光がガラスを通ると、新しい色が生まれる。

20070222133044.jpg

20070222133232.jpg

[宮沢賢治の童話に出てきそうな窓 (光原社) 盛岡市(岩手県)]


古い時代にタイムスリップするような、ステンドグラスのあるレストラン。
20070222134317.jpg

[レトロな雰囲気の窓 (東京モダン亭) 江戸東京博物館 (両国)]


ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.8 : nikkor
2007年02月21日 (水) | 編集 |
梅祭り(3)

 少々暗くなってしまいましたが、梅祭りは、やはりここですね。満開には、まだ少し早い様です。
 大変な数の学生の夢や願いを一手に引き受けて、天神さんも大活躍です。

【湯島天神】
20070221180709.jpg

ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.8 + OM-EOSアダプター + EOS KDN

20070221181049.jpg

ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.8 + OM-EOSアダプター + EOS KDN

20070221181242.jpg

ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.8 + OM-EOSアダプター + EOS KDN

 OM一族であるこのレンズは、軽量コンパクトで、ヘリコイドの指掛かりも良く、大変使いやすいと思います。一眼の絞りがレンズの先端についていることに少々違和感がありますが、キヤノンのFLレンズやLマウントのレンズもこんなものですから良しです。もう少し、絞りのクリック感がスムーズなら文句なしなのですが。
 Gakkenの「実用中古標準レンズ100本ガイド」では、写りは、シャープでしっとり感がありと紹介されていました。
 う~ん、なんか、そんな気もしないでもないが.....。
 
AI NIKKOR 135mm F2.8 : nikkor
2007年02月20日 (火) | 編集 |
梅祭り(2)

 135mmF2.8は、ごく平凡な望遠レンズです。
 このレンズは、ピントが合っているところはとてもシャープ、そしてボケもきれいなので、家族旅行の際には大変重宝していました。
 しかし、レンズアダプターを入手したことによって、この平凡なスペックのレンズが大変身。約210mmF2.8になってしまいました。しかも、最短距離は、そのままです。

 いやあ、写真を撮るのが楽しい楽しい。


 写真は、小石川後楽園「梅祭り」の続きです。
20070220182106.jpg

AI NIKKOR 135mm F2.8 + N-EOSアダプター + EOS KDN

20070220182245.jpg

AI NIKKOR 135mm F2.8 + N-EOSアダプター + EOS KDN

20070220182447.jpg

AI NIKKOR 135mm F2.8 + N-EOSアダプター + EOS KDN

 写真を撮っている私以上に、春の日差しを浴びて飛び回る雀が楽しそうでした。
AI-S NIKKOR 35mm F2 : nikkor
2007年02月19日 (月) | 編集 |
梅祭り(1)

 梅祭りの頃になりました。ということで、梅を求めて、ここに行ってきました。
20070219064004.jpg

AI-S NIKKOR 35mm F2 + N-EOSアダプター + EOS KDN 

 小石川後楽園は、石垣と塀で囲まれていますが、塀の外まで梅の香りが漂っていました。
20070219064331.jpg

AI-S NIKKOR 35mm F2 + N-EOSアダプター + EOS KDN 

 梅と言っても色々な種類があるものですね。
20070219064542.jpg

AI-S NIKKOR 35mm F2 + N-EOSアダプター + EOS KDN 

20070219064720.jpg

AI-S NIKKOR 35mm F2 + N-EOSアダプター + EOS KDN 

20070219064905.jpg

AI-S NIKKOR 35mm F2 + N-EOSアダプター + EOS KDN 


 こちらの方もちょっと気になりました。
20070219065154.jpg

EF-S 18~55mm


 35mmF2という定番中の定番レンズは、EOSと合体して約56mmF2、30cmの最短撮影が可能になりました。
 このレンズは、失敗したくない状況で使ってきました。職場の記念写真程度ですが。EOSと合体することによって、定番の広角から、寄れる標準へと新たな道が開かれたようです。

EFコンパクトマクロ50mmF2.5 : nikkor
2007年02月12日 (月) | 編集 |
 今年は暖冬で、季節感のない話ばかりです。
 しかし、牧場には、いつも通りの季節が来ているようです。というのは、羊の話。羊の出産の季節は、冬の終わり頃ということで、これからベビーラッシュになるのだそうです。この間行った牧場でも、羊の子が生まれていました。

20070212110722.jpg


20070212110902.jpg


 羊のところでカメラを構えたら、50mmマクロがついていました。そう言えば、花を撮ろうと思ってマクロをつけていたのでした。失敗、失敗。
 まあ、いいか‥‥と言うことで。

一万ヒット!
2007年02月09日 (金) | 編集 |
いつも「デジカメ日和」を見ていただき、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで一万ヒットを超える事ができました。
今後も二人で、カメラ片手に、あちこち写真を撮りに出かけたいと思っております。
これからも、nikkorのジャンクカメラおたくの記事と、sanikoのデジカメ撮影による写真の記事を、どうぞ、見てやってください。
それでは、今後とも宜しくおねがいいたします。<(_ _)>

20070209153607.jpg


AI NIKKOR 135mm F2.8 : nikkor
2007年02月06日 (火) | 編集 |
 135mmも使ってみました。
 技術が伴わず、露出がアンダーになってしまいました。
20070206205327.jpg


 こちらは、露出オーバーですね。
20070206205613.jpg


 あちこちキョロキョロしている内に、変わった植物を見つけました。
20070206205842.jpg


 ヤドリギの様です。
 辺りをよく見たら、結構見つかったので、それ程珍しい植物でもないようです。植物ですから、種で増えるんでしょうが、どうやってあんな木の上の方に取りつくのでしょう?
 不思議です。

ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.8 : nikkor
2007年02月04日 (日) | 編集 |
あるところには、あるものです。

 といっても、これは、雪の話。
 今年は、暖冬で、スキー場によっては、雪が少なくて困っているところもあるそうです。
 家内と、そんな話をしている内に、「行ってみようか。」ということになり、雪国へレンズテストに行ってきました。
 目的地に着いたら、十分過ぎるくらい雪がありました。これでも例年よりずいぶん少ないらしいのですが、スキーでも、スノボーでも何でもOKです。

 さて、雪国へ連れてきたのは、ZUIKO MC AUTO-S 50mmF1.8とニッコールの単焦点です。(ニッコールについては、後日)
 OM-EOSアダプターが手に入りましたので手に入れましたので、いよいよ今のところ1個しかないOM出動となりました。
 このレンズは、OM10についていたものです。ピントリングのギザギザが適度に鋭く、絞りリングもレンズの先端にあったりして、使いやすい印象を受けました。
  
 20070204171109.jpg

ZUIKO MC AUTO-S 50mmF1.8+OM-EOSアダプター+EOS KDN

 この黒い固まりの中には、干し草を圧縮したものが入っているのだそうです。


20070204171832.jpg

ZUIKO MC AUTO-S 50mmF1.8+OM-EOSアダプター+EOS KDN

 雪を写すのは、難しいですね。なかなかうまくいきませんでした。


 このレンズで写した際の色乗りはどうでしょうか。試してみたいと思います。
フジカST801 なんちゃってエルメス仕様 : nikkor
2007年02月01日 (木) | 編集 |
 また、ジャンク棚から救出してきました。フジカST801です。

 1972年発売。M42マウントにして、シャッター速度最速2000分の1秒を誇り、露出計表示に初めて露出計の表示にLSDをファインダー内部に設置していました。
 シャッター速度なら、同時期に発売されていたKing of CameraニコンF2と同じです。そして、この時期に、LEDとは恐れ入りました。更に、M42で、絞り込み測光ボタンが鎮座している。なんとも不思議なカメラです。
 サイズは、意外なほど小さく、シャッター速度ダイヤルやシャッターボタン、巻き上げレバーや巻き戻しノブなどのデザイン・工作も素晴らしい。正面から見たときのペンタ部のデザインは、頭でっかちな感じ。お洒落なカメラとは、対極に位置した存在です。
 20070201202730.jpg


 電池ボックスが、こんなところにあります。
20070201203116.jpg

 4LR44を入れてシャッターボタンを押してみると、‥‥‥真っ赤なLEDが点灯します。(^_^)v
 露出は、適正→アンダー→適正→アンダーと変化し、安定しません。残念。露出計は、当てになりませんでした。(?_?)
 シャッター速度がそれなりに出ているようなので、良しとしましょう。VCメーターの銀色を買っておいて良かったぁ。(~o~)

 さて、この個体。困ったことに、正面の貼革がありません。 
20070201204238.jpg

 身にまとう衣もなく、気の毒な迷い子が、救いを求めているからには、なんとかしてやらなければなりません。前から一度やってみたかった
 ということで、貼革ドレスアップに挑戦してみることにしました。

 市販品の本格的な革では芸がありません。
 家内に、カメラの革の様な手触りのものがないかなと尋ねたら、あるよと出してくれたのが、オレンジ色のエルメスの紙袋。

 それで、やってしまいました。
 「フジカST801 なんちゃってエルメス仕様」
20070201205924.jpg



20070201210156.jpg


 山田君、座布団みんな持って行って‥‥‥‥。