FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
柑橘類の研究 :saniko
2006年10月28日 (土) | 編集 |
今回は、柑橘類の種類を調べてみました。

「スダチ」
20061028125241.jpg


「タチバナ」
20061028125457.jpg


「タヒチライム」
お酒や、紅茶に・・・。

20061028125803.jpg


「ハッサク」
まだ青いです。

20061028130000.jpg

ちなみにグレープフルーツを食べた後、その種を植えてみました。
すると、こんなにりっぱな観葉植物になってくれました。
なんだか、得した気分です。

20061028131016.jpg


スポンサーサイト
HELIOS-44-2 58mmF2 ;nikkor
2006年10月25日 (水) | 編集 |
 ZENIT-EについてきたレンズHELIOS-44-2 58mmF2のお話です。
 マウントは、M42で、絞りが2段階になるプリセット絞りです。プリセット絞りは、2段階の操作を行った後に撮影をしますが、プレビューと同じ状態になるので、被写界深度が確認できる利点(?)もあります。
 レンズは、奥まったところにあり、なんだか小口径のマクロレンズを使っているような気になります。EOSに装着すると、約85mmF2になるので、寄れる中望遠という感じです。写りは、現在のレンズにかなうものは何もありませんが、固くない描写は結構気に入っています。「正直者」という感じです。


【菊 細管】
20061025171957.jpg

 自己流で大菊を10鉢ほど育てています。5月初旬の挿し木に始まって、やっと花が咲きました。


【サボテン 玉牡丹】
20061025173205.jpg

 我が家に来たころは、小さかったのですが、それからかなりの年月が経ち、花も咲くようになりました。この花は、秋が深まってきたころに咲きます。めしべの白さに驚いています。

ZENIT-E ;nikkor
2006年10月23日 (月) | 編集 |
 いつものカメラのKムラで、「難あり」と表示された物件を発見しました。ロシア製のカメラは持っていなかったので、あまりよく確かめもせずにレジへ。
20061023175751.jpg


 どこが「難」だろうかと観察してみましたがよく分かりません。巻き上げてシャッターを切ってみて分かりました。1/30の時に、シャッター幕がしっかり移動していないのです。それ以上のシャッタースピードでは、問題がありません。まあ、良しとしましょう。

20061023180430.jpg

 それにしても、ロシア製のカメラは面白いですね。日本製のカメラは、シャッターボタンがつるつるで滑らかになっていますが、このカメラは、なんとギザギザになっています。指の引っかかりが良いということなのでしょうか。繊細さなどは感じられない作りです。逆に言えば、タフということなのでしょうか。手袋をしても大丈夫、使えますね。

20061023181339.jpg

 巻き戻しノブも押せば飛び出してきます。露出計も生きていました。ナンバーが73から始まっていますので、1973年製です。今から30年以上も前の製品です。
 ファインダーを覗いてみると、明るいのは良いのですが、ピントの山はつかみにくい。近頃、目に自信がなくなってきた我が身には、少々辛い見え具合です。
 レンズは、HELIOS-44-2 58mmF2がついていました。本来であれば、フィルムを通すところですが、このレンズがM42マウントなので、デジカメで試してみることにしました。
 結果は、この次に掲載します。

リンゴの研究 :saniko
2006年10月17日 (火) | 編集 |
食欲の秋です!
果物もさまざまな種類の物が出回っています。
今回はその中でも、いろいろなリンゴの種類を、調べてみました。
「フジ」
20061017142400.jpg

「ジョナゴールド」
20061017142607.jpg

「王林」
20061017142750.jpg

「紅玉」
20061017142948.jpg

「国光」
20061017143125.jpg


サクランボみたいな、リンゴもあります。
「クラブアップル」
カラフルで、かわいいです。

20061017143412.jpg

「みやまかいどう」
まさにサクランボみたいですが、茎も赤いんです。

20061017143753.jpg


最後に、すごく変わったリンゴを、御紹介します。
「メイポール」
果肉も赤いリンゴです。
ちなみに食べてみましたが、すごく酸っぱかったです。
20061017144404.jpg

一口にリンゴと言っても、いろいろな種類があるのだと、今回わかりました。

20061017144738.jpg


ROLLEIFLEX 2.8F :saniko
2006年10月13日 (金) | 編集 |
いつものように、カメラのKムラにパトロールに行くと、なんと中古美品のローライフレックスを、見つけてしまいました。
もちろん、即お買い上げ(^_^)v

ローライフレックスは、1929年、ローライ社が発表した、二眼レフカメラです。
このモデルは、1960年に登場した2.8Fです。

上下に並んだレンズ、絞りダイアル、フォーカシングフードなど、じつに素晴らしいフォルムです。

20061013174007.jpg


ではさっそく、中身を点検してみましょう。^^
ん?こ、これは・・・。

20061013174441.jpg


タイムスリップグリコのミニチュアを、マクロで撮ったものでした。(^^;)
       
       author :saniko (念のため。)
       

MC JUPITER-9 85mmF2;nikkor
2006年10月10日 (火) | 編集 |
 MC JUPITER-9は、珍しく新品で買ったレンズです。と言っても千円札が何枚かの値段でしたが。
 このロシア製のレンズは、使用を始めてからもうすぐ10年になります。カメラ関係の本には、「このレンズは、ゾナー85mmF2のコピーで...。旧ソ連が、ドイツから...。」なかなか興味深い話が載っていました。本は、本として、10年使った感想は、「良い」の一言です。ヘリコイドのグリスは固く、プリセット絞りと使いにくい面はありますが、それを差し引いても、写りには十分におつりが来ます。カーテン越しの柔らかい光で、F2.8~F4くらいで人物を写すと、柔らかい中にも芯がある素晴らしい描写をします。素人目にも、明らかに他の国産レンズとは違います。また、絞り込んで風景を撮ってもこれがまた良いのです。

 前置きはこれくらいにして、家内とドライブに出かけて、おもしろいものを発見しました。
20061010194042.jpg

 このリンゴ、何という新種か知識がないので分かりませんが、お尻のあたりも真っ赤で、大変美しくおいしそうです。太陽の光を受け、光り輝いています。


 驚いたことに、リンゴの木の下には、なんとレフ板のようなものが敷いてありました。
20061010194625.jpg

 レフ板は、光を反射させて被写体にあてるものですから、このシートのような仕掛けも、レフ板と同じ役目だと思われます。このようにして、リンゴの下から光をあてて、お尻の方も赤く美しくしているのではないかと考えました。

 レフ板で光をあてられるモデルさんも畑のリンゴも、まずは見た目の美しさなんですね。
遠野「カッパ淵」;nikkor
2006年10月07日 (土) | 編集 |
 民話の古里、遠野市に行った際、「カッパ淵」に立ち寄りました。近くには、常堅寺というお寺があり、このお寺の狛犬の頭には皿のような凹みがあるので、カッパ狛犬と呼ばれているという話を聞きました。

 さて、「カッパ淵」ですが、鬱蒼とした林の中にあり、確かに何か出てきそうな気配がありました。
20061007144256.jpg

【Yashica Flex Tri-Lausar 80mm F3.5 RDPⅢ】
 ハイライト部分は、飛び気みですね。


 ガイドさんの話です。
 「昨日は、カッパ釣りをしている人がいました。あと10分もすればカッパが釣れると話していました。」

 うーん....。実は、その人、「カッパ」ではなくて、狸か狐だったりして。

 そんな気にもさせる民話の古里「遠野」でした。

 遠野市の観光協会では、「カッパ捕獲許可証」なるものを2枚400円(有効期限平成19年3月31日)を販売しているそうです。例の釣り人は、この許可証を持っていたんですかね。

修行中 :saniko
2006年10月05日 (木) | 編集 |
カメラの事に全くの初心者である私は、最近、一眼の勉強を始めました。
講師は、夫です。
現在、夫の手作り資料のいう所の、Lesson3まで進みました。
でもまだ、
  絞りが?????
  被写界深度が?????
という状態です。(^^;)

でもいつの日か、一眼を使いこなせるように、頑張りたいと思っています!
20061005165411.jpg