FC2ブログ
カメラおたくの夫nikkorと、デジカメ撮影が趣味の妻sanikoのカメラ日記。
PENTAX K200D:nikkor
2010年02月03日 (水) | 編集 |
(解決編)

 その後、測光ボタンを探し続けましたが、見つかりませんでした。マニュアルや「K20D・K200D」のガイドブックも読んでみましたがよく分かりません。ついには、家電量販店のカメラ売り場に行って、K-7を手に取りながら、店員に「古いMFレンズは使えますかね。」などと聞いてみましたが、「M42マウントも使えますから大丈夫ですよ。」とのこと。「測光がねぇ。」と言ってみましたが、「絞りリングを使用するに設定すれば問題なく使えますよ。」とニコニコしています。知りたいのはその先なのです。「K-7だと問題が無いのかな。」などと思いながらその場を立ち去りました。
 完全マニュアル撮影は、ニコンD40と同じではありますが、まさか、istDSで出来たことが新しい機体で出来なくなるわけがありません。きっと何か操作方法があるはずです。
 ある日、ガイドブックを読んでいたら、グリーボタンの説明に「露出設定値をリセットしたり、Mモードで適正露出値になるように自動調整する」と書いてありました。これだと思いグリーンボタンを押してみましたが、変化はありません。がっかり。何気なく、AV(絞り優先)モードをM(マニュアル)モードに変えてグリーンボタンを押したら、聞き覚えのある「チャッ」という音がしました。考えてみると、istDSでも撮影はMモードでした。AVモード可ということで、AVモードにしたまま操作をしていたのでした。
 もっと違う操作で問題を解決出来たのかも知れませんが、一応これで、全て(と言っても問題は一つでしたが)問題は、解決。Aタイプ以前の古いMFレンズでも絞りを利用した撮影ができることになりました。

 (ベゴニア園で)
IMGP0481小
【SMC PENTAX 55mmF1.8 絞りF2 600万画素モード、ファインシャープネス+4】
 
スポンサーサイト
PENTAX K200D:nikkor
2010年01月29日 (金) | 編集 |
 K200D導入直後のお話です。

(問題発生編)

 K200Dは、これまで使用してきたistDSのように、古いMFレンズの使用を前提に導入した機体でした。
 しかし、大変困った状況に陥ってしまいました。絞り込み側光(古い表現です)による適正露出の設定がうまくできないのです。istDSでは、カスタムメニュー画面で「絞りリングの使用」に設定し、M(マニュアル)モードで、絞りを利用することができました。その際、シャッターを切る前に、AE-Lボタンを押せば、「チャッ」という音がして、絞り込み側光が行われ、カメラに適正露出が記憶されました。
P1000246小
 K200Dのマニュアルには、M42マウントも含め、古いMFレンズでも使用可になっています。istDSのように、メニュー画面で「絞りリング使用」に設定しましたが、「 AE-Lボタンを押せば、チャッという音がして、絞り込み側光が行われ、カメラに適正露出を記憶」という操作になりません。その上、AV(絞り優先モード)でも使用可能とのことですが、絞りを開けようが絞り込もうが全て絞り開放で測光し撮影されてしまいます。
 手ぶれ補正機能が、M42マウントのレンズにまで対応する機体ですから、古いレンズは、絞り開放でしか撮影ができないなどということは考えられません。要は、絞り込んだときに測光が行われればよいわけです。そこで、プレビューをいろいろと試してみましたが、結果はダメ。「チャッ」という音はするのですが、肝心の測光が行われません。
 どうもistDSのような使い方ではないようです。

(解決編につづく)

明けましておめでとうございます:nikkor
2010年01月02日 (土) | 編集 |
 明けましておめでとうございます

 年末に、Kムラ球団との間で話がまとまり、istDSとK200Dの交換トレードが成立しました。
 istDSは、ファインダーと液晶が良く、手元に置いておこうかとも考えましたが、まあ、カメラを2台持ち出すこともあるまいという理由で、Kムラ支配下選手になってもらいました。
P1010011小

 ボディーは、istDSよりやや大振りです。仕事用のバッグに忍ばせるわけにはいかなくなりました。(笑)
 K200Dには、手ぶれ補正機能がついています。手ぶれ補正は、全てのKマウントレンズ及び、ペンタックススクリューマウント(M42マウント)でも使えるというから驚きです。効果の程は、おいおい確かめることにしましょう。

 今年は、昨年登板機会が少なかったM42マウントのレンズにも活躍してもらおうかと思っています。

 本年もどうぞよろしく


ニコンD40(その2):nikkor
2009年08月18日 (火) | 編集 |
 小さなボディーのD40には、パンケーキレンズが似合います。う~ん、いいですねぇ…。
P8170001小

 いよいよD40の実戦投入です。
 始めに試すレンズは、ボディーとセットになっていたAF-S NIKKOR DX 18-55mmEDにしましょう。本来は、こんなに新しいレンズを試すつもりではなかったのですが、ボディーの試運転ですから、セットになっていたレンズの方が扱いやすいので、良かろうということにしました。

 外観は、ボディーが小振りなために、レンズが大きすぎるように感じます。しかも、プロテクトフィルターが着いていたので、余計に長さを感じます。
 使い勝手は、軽くて取り回しがよく、大変良好です。レンズがもう少し明るければもっと良いのですが、欲が深いというものです。驚いたのは、近接撮影での内蔵ストロボの調光が的確であることです。オートを使用すれば、誰でも簡単によい写真が撮れるということでしょう。

 ファインダーが明るく、マニュアルレンズを着けても何とかなりそうです。モニター画面は2.5インチで、小さいモニターを見慣れていたものですから、使いやすく感じます。
 非Aiレンズを装着すると、当然ですが、フォーカスも露出もオートにはなりません。特に心配なのは、露出です。山勘とモニターの確認でも何とか写真になりそうですが、単体露出計を持ち歩く方が安全かなと思っています。6×7の撮影では、単体露出計を使っていることですし。


 この、今時のレンズを使って、もう少し設定を詰めてから、古いニッコールレンズを試したいと思います。
 夜景も簡単に撮影ができますね。
DSC_0874小
【氷川丸 NIKOND40withAF-S NIKKOR DX 18-55mmED】
 DSC_0911小
【ホテルニューグランド中庭 NIKOND40withAF-S NIKKOR DX 18-55mmED】





ニコンD40(その1):nikkor
2009年08月15日 (土) | 編集 |
 これまで、ニッコールレンズは、アダプターを介してEOSで撮影しておりました。しかし、特別なレンズ(GNニッコールとズーム43~86)を除いて、こんなことをするのは、Aiタイプ以後のレンズと決めておりました。それというのも、アダプターの説明書きに、「Ai以前のレンズについては、レンズとボディー内のミラー等が干渉して、ボディー側が壊れる恐れがあります。」と記されていたからです。恐ろしい話なので、使用可とされたレンズ以外である非Aiレンズは、デジタルで使用してきませんでした。

 そのため、ニコンF3・EMで使っていた「Aiレンズ」には、キヤノンのボディーでニコンのレンズという妙な出番がありましたが、ニコンFやF2、ニコマートで使っていた「非Aiレンズ」には、ずっと出番がありませんでした。
 まあ、銀塩で撮影すれば、Aiだろうと非Aiだろうと何の問題もなく使用できるのですが……。ここまで人間が堕落してしまったかと反省しているところです。(笑)

 非Aiが使えなければ、なんとかして使ってみたいのも人情です。ネットで調べてみると、ニコンのデジタル一眼の中で、非Aiレンズが装着でき、何とか使用できるのは、驚いたことに入門機であるD40だけという情報を手に入れました。D40は、ほとんどのニッコールレンズの装着・使用が可能ということです。
 D40については、既に生産が打ち切られ、店頭でもほとんど姿を消してしまいました。評判の良いカメラではありましたが、600万画素機でしたので、それ程注目してきませんでした。
 しかし、非Aiレンズが装着できるとなれば話は別。デジタル一眼ステップアップ計画を一時中断してでも検討する値打ちは十分にあります。元々、販売価格がコンデジと同程度でしたので、うまい具合に中古があったとしても気の毒な(都合の良い)値段だろうということで(笑)、カメラ屋のパトロールを強化することにしました。

 そうこうしているうちに、先日、ついに見付けてしまいました。レンズまで付いていました。これで、非Aiレンズもレポートできる体制が整いました。
DSCN3412小

 銀塩で撮影するのであれば余計な心配はないのですが、これで我が球団において、デジタルでの登板場面がないのは、キヤノン・FD、ミノルタ・ロッコール、コニカ・ヘキサノンということになりました。これらのレンズの使用については、フランジバックの関係から、フォー・サーズやマイクロ・フォー・サーズあたりが期待できるかも知れないと思っています。この際ですから、レンズアダプターの情報を少しずつ集めていくことにしましょう。

 「カラー時代の覇者FD」、「鷹の目ロッコール」、「銘玉ヘキサノン」いい響きですねぇ…。
おっと、これ以上レンズ沼に足を取られないように気を付けなければなりません。

つづく